共創の法則

共創の法則を通しての心の育成。自己コントロールの法則。

協調の法則

業界の法則

伸芽会=日本分子生物学会=サイゼリヤホテルルートイン

伸芽会関西大学中等部三井住友銀行日本コロムビア

関西大学初等部ソフトバンク大阪高等裁判所=サンガ

職業の法則

保育士=生命科学者=食品衛生管理者=管理栄養士

幼稚園教諭=中学校教諭=銀行員=音楽プロデューサー

小学校教諭=システムエンジニア=裁判官=仏教学者

地位の法則

第1位=第4位=第7位=第10位

第2位=第5位=第8位=第11位

第3位=第6位=第9位=第12位

順位の法則

第1位=発言力あり=黙秘力あり

第2位=発言力あり=黙秘力なし

第3位=発言力なし=黙秘力あり

第4位=発言力なし=黙秘力なし

PDCAサイクルの法則

PLAN=計画=これからすることを考える。

 これからすることを、細かく分解して考えます。何をするのか、誰に対してのものか、何故するのか、どれぐらいの量か、いつまでにやるか、いつまで行うか、どのように行うか、誰と行うか、どうなったら良い結果なのか・・・など、考えると無限に出てきますし、何をするかによっても考える項目は変わってきます。

 ちょっと勘の良い人はピンときたはず。「6W3H」が基本です。

DO=実行=計画したことを実行する。

 先ほどのPLANで計画したことを実行にうつします。何かを作るなら作る。身体を使うなら動く。頭で考えるなら考える。

 実行で大事なことはふたつ。計画を意識して行動する事と、あとで評価できるように、結果が分かるような仕込みをしておくこと。時間を測るのか、数を数えるのか、日記を書くのか、評価を尋ねられる誰かに声をかけるのか。

CHECK=評価=結果が良かったか悪かったか判断する。

 実行した結果が望むものだったか、そうでないかを調べて、善し悪しを判断します。この時点では良かったか悪かったかだけを判断します。

 判断するうえで、先ほどの実行のときに仕込んだ結果を使います。なので結果は数字のような誰が見ても分かる基準があると良いでしょう。(間違いではないですが)人の意見は、主観であることが多いので、具体性に欠けるので判断するときは気をつけましょう。

ACTION=改善=見直しをかけて、次の計画に進む。

 善し悪しの判断を元に全体の見直しをします。続けるか、止めるか、ちょっと手直しして続けるか、などです。結果が悪いとしても、結果が出るまで時間がかかると分かっているものはこの段階では「続ける」という見直しになります。

 ここで大事なことは、次のPLAN(計画)を意識した見直しをすることです。これがPDCAサイクルのサイクルたる所以でもあります。

5Sの法則

整理=必要なものと不要なものを分け、不要なものを捨てること。

整頓=必要なものがすぐに取り出せるように、置き場所、置き方を決め、表示を確実に行うこと。

清掃=掃除をして、ゴミ、汚れのないきれいな状態にすると同時に、細部まで点検すること。

清潔=整理・整頓・清掃を徹底して実行し、汚れのないきれいな状態を維持すること。

躾=決められたことを決められたとおりに実行できるよう、習慣づけること。

知性の増進

普遍の法則

 学習の法則は分析的、そして、横断的に、また、総合的、そして、学際的に学術して思い描くこと。学術を追究する姿勢が大切であり、学術を学問し学習すること。

体育=教育=徳育=知育

分析的=横断的=総合的=学際的

精神分析=論理横断=物質総合=感覚学際

保育精神=生命論理=生物物質=創造感覚

保育育児=生命解明=生物創成=創造制作

体系の法則

精神的=論理的=物質的=感覚的

知的=理知的=金銭的=情緒的

創造的=思想的=実際的=霊的

大学の法則

相愛大学関西大学関西大学相愛大学

相愛大学関西大学関西大学相愛大学

関西大学関西大学関西大学関西大学

学部の法則

人間発達学部=化学生命工学部=化学生命工学部=人間発達学部

人間発達学部=文学部=経済学部=音楽学

文学部=総合情報学部=法学部=文学部

学科の法則

子ども発達学科=生命・生物工学科=生命・生物工学科=発達栄養学科

子ども発達学科=総合人文学科=経済学科=音楽学

総合人文学科=総合情報学科=法学政治学科=総合人文学科

専修の法則

子ども発達専修=生命科学専修=生物工学専修=発達栄養専修

子ども発達専修=教育文化専修=経済理論専修=音楽文化創造専修

初等教育学専修=コンピューティング系専修=法曹専修=比較宗教学専修

目的=目標

 目的及び目標は学習の研究及び充実である。学習の研究をすることにより、学問を学習し、そして学習の充実を図ることにより、学ぶ楽しさや充足感を経験すること。学習を理解し正しく使用すること。学問の中でも中心的役割であることを認識し思考を養うこと。思考の連続性により、豊かさを経験すること。連続性により、知覚を養うこと。学習は明覚であることを経験すること。

共創の法則はわたしの宝物

学習の研究=学習の充実=自学自習=自由自在

学習=計画=方針=行動

意識=意思=意図=意志

識別=共創=抵抗

決断=決着=決意

理念=理性=悟性=知性=学習

相談=思想統一=思惑

主体的=内発的=自発的

積極的=能動的=実行

速記=書記=記録=日記=日誌

記憶=記銘=保持=再生=保存

速読=図書=書籍=書物=読書

学習の法則

学習=幸福=意識=発言

生命の起源=他の生命との関連性あり=生命の設計図=進化論

言語の起源=他の言語との関連性あり=言語の設計図=進化論

技能の法則

書く=読む=話す=聞く

技術の法則

健康=共通=平和=知恵

力の法則

体力=知力=実力=魅力

容量の法則

力量=度量=技量=器量

機能の向上

機能の法則

明覚機能=知覚機能=身体機能=運動機能

精神の法則

精神=意識=言語=心

言葉=国語=日本語・英語=表現

教育基本法の法則

 教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

学問の法則

保育園=幼稚園=小学校=中学校=高等学校=大学

人間発達学部の法則

 さまざまな科目と4年間を通して実施する実習により、「子どもの発達に関する専門知識」「総合的な保育技術」「コミュニケーション能力」を修得する。近隣の保育施設や子育て家庭などと連携した、「子育て・保育・教育支援力講座」などを多彩に展開し、地域と連携した実学の場を用意している。保育士資格、幼稚園教諭、小学校教諭の一種免許状が取得可能。

 多彩な科目の履修と、4年間を通した実習で、「子どもの発達に関する専門知識」「総合的な保育技術」「コミュニケーション能力」を習得する。子どもたちを取り巻く諸事情の把握、健やかに成長できる環境の整備、成長過程で起こりうる問題への対処できる実践力を養う。保育士資格、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状を取得できる。

未定

未定

未定

未定

発達の法則

からだ・精神などが成長して、より完全な形態や機能をもつようになること。

そのものの機能がより高度に発揮されるようになること。

そのものの規模がしだいに大きくなること。

発育して完全な形態に達すること。

進歩発展すること。

規模が次第に大きくなること。

援助の法則

困っている人に力を貸すこと。

たすけること。助勢。すくい。

保育の法則

乳幼児を保護し、育てること。

乳幼児の心身の正常な発達のために、幼稚園・保育所などで行われる養護を含んだ教育作用。

保護し育てること。育成すること。

幼児の心身の正常な発育を目的として、幼稚園・保育所・託児所などで行われる養護を含んだ教育作用。

健康の増進

人体の法則

頭=手=体=足

感情の法則

喜び=信頼=心配=驚き

健康の法則

午前5時起床=午後20時就寝=9時間睡眠

ランニングの法則

ランニング=10km=1時間=低速

運動の法則

運動=8千歩=1時間=早歩き

学校設定教科の法則

小学校

家庭=生活=体育=理科=算数=社会=国語=英語=図画工作=音楽

中学校

技術・家庭=保健体育=理科=数学=社会=国語=英語=美術=音楽

高等学校

家庭=保健体育=理科=数学=情報=地理歴史=公民=国語=英語=芸術

文学部の法則

 1年次に各専修入門科目を通して専修の学びに触れ、2年次に19専修のいずれかの専修に分属。《初等教育学専修》下位年次からの学校現場での体験学習や実習を通し、教科の指導や子ども理解に関する見識と、教育理論への理解を深める。卒業と同時に小学校教諭一種免許状を取得することができる。4年間を通して理論と実践の両方から教員として必要なあらゆる能力を学び、即戦力となれる人材を育成する。

 1年次に各専修入門科目を通して専修の学びに触れ、2年次に19専修のいずれかの専修に分属。《教育文化専修》学校教育に限らず、家庭や社会、企業内での教育方法や教育制度を総合的に吟味する。研究を進めるなかで、アンケートやインタビューなどの基本的な調査スキルや、ディスカッションやプレゼンテーションなど社会に出てからも役立つスキルを身につける。

 1年次に各専修入門科目を学び、2年次に19専修のいずれかの専修に分属。《哲学倫理学専修》自分が知者だとうぬぼれることなく自己とは何か、世界とは何かを改めて問い直す。《比較宗教学専修》「人間にとって宗教とは何か」グローバル時代に必須となる宗教理解に挑戦する。《芸術学美術史専修》芸術作品の鑑賞を通して知的で豊かな人間性を育み、人間にとって芸術創造とは何かを学ぶ。

哲学科=心理学科=史学・地理学科=文学科

哲学の法則

宗教学科=哲学科=倫理学科=美学・芸術学科

宗教の法則

仏教

八正道の法則

正見

自分中心の見方や偏った見方をせず、物事を正しく見ること。

正思

むさぼる心や怒りの心、我を押し通す心を捨て、すべてを正しく、大きな心で考えること。

正語

うそ、二枚舌、悪口、でまかせな言葉のない正しいものの言い方をすること。

正行

意味なく動植物の生命を絶つ、盗みを働く、道ならぬ男女の過ちのない正しい行ないをすること。

正命

人のため、社会のための正しい仕事で得た収入で、衣食住の生活必需品を正しく求めること。

正精進

「精進」の「精」は「まじり気のないピュアなこと」という意味で、自分がめざす正しい目的や目標に対して、一途に努力しつづけること。

正念

常に正しい心をもち、正しい方向に心を向けつづけること。

正定

心をいつも正しくおいて、周囲の変化によってグラグラ動かされないようにすること。

慈悲喜捨の法則

慈=友情=幸せな人には友情を

楽を与えてあげたいと思う心。

慈とは、いつくしみの心です。生きとし生けるものに対して、

慈しみの心を持つということです。他人の幸福に友愛の念を持つということ。

悲=同情=不幸や苦しみにある人には同情を。

苦しみを取り除いてあげたいと思う心。

悲とは、悲しみではなく、人を苦しみから解放してあげる事を目的として行動することです。生きとし生けるもの苦しみに対し、その痛みを取り去ってあげたいと願う、同情する心です。

喜=喜び=徳の高い人、尊敬できる人、善き人には喜びを。

人の幸せを共に喜ぶ心。

喜とは、喜ぶ心です。他人の幸せを自分のことのように心から喜べる心をいいます。

生きとし生けるものの幸せを心から支持する心です。

捨=無頓着=徳の低い人、悪しき人には無頓着である、つまり執われない。

人に施した恩も、人から受けた害も忘れ、一切の報いを捨て去る心。

捨とは、無関心・中立・平静であるという意味があります。

つまり、自分勝手な判断を捨てて、あるがままの姿を観ることを意味します。

捨の心は、生きとし生けるものを平等な存在として観る心です。

瞑想の法則

私は幸せでありますように

私の悩み苦しみがなくなりますように

私の願いごとが叶えられますように

私に悟りの光が現れますように

私は幸せでありますように(3回)

私の親しい生命が幸せでありますように

私の親しい生命の悩み苦しみがなくなりますように

私の親しい生命の願いごとが叶えられますように

私の親しい生命に悟りの光が現れますように

私の親しい生命が幸せでありますように(3回)

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように

生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

私の嫌いな生命が幸せでありますように

私の嫌いな生命の悩み苦しみがなくなりますように

私の嫌いな生命の願いごとが叶えられますように

私の嫌いな生命に悟りの光が現れますように

私を嫌っている生命が幸せでありますように

私を嫌っている生命の悩み苦しみがなくなりますように

私を嫌っている生命の願いごとが叶えられますように

私を嫌っている生命に悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

思想の法則

問題=対決=戦闘

格差はどこまで許されるのか?。

富の偏在は不公平なのか?。

正解=決着=勝利

格差は是正されるべき!。

格差を認める前提として機会の均等と弱者救済システムが機能しなければならない。

問題=対決=戦闘

殺人は絶対悪なのか?。

これが認められる状況はあるのか?。

正解=決着=勝利

絶対悪である!。

人間の持つ憐憫の情から殺人は認められない。

問題=対決=戦闘

少年法は厳罰化すべきか?。

厳しい制裁に社会的意味はあるのか?。

正解=決着=勝利

厳罰化反対!。

真の制裁は内面的制裁で、更生が社会利益となるため厳罰化反対。

問題=対決=戦闘

人間の本性は善なのか悪なのか?。

性善説性悪説によって見えてくるものとは?。

正解=決着=勝利

人間の本質は善。

人が助け合うから社会が存続したのであって、本性は善。

問題=対決=戦闘

戦争は絶対悪なのか?。

大量殺人は許されるのか?。

正解=決着=勝利

正しい戦争などない!。

人間の本性である憐憫の情に基づき、戦争は避けられる。

問題=対決=戦闘

グローバリズム愛国心、どっちが大事?。

大切なのは世界か、国か、はたまた自分自身か?。

正解=決着=勝利

グローバリズム

人間社会は広い同意により営まれるため、グローバリズムを優先。

問題=対決=戦闘

人類の歴史を動かすものは何なのか?。

人が歴史を作るのか、別の原動力があるのか?。

正解=決着=勝利

個人の主観的な生き方が歴史を作る。

普遍的な社会や歴史の分析よりも、個人の主体的真理こそ重要。

問題=対決=戦闘

社会と自分、行動を決めているのはどちらか?。

構造主義実存主義、20世紀最大の論点?。

正解=決着=勝利

自分、すなわち実存。

システムではなく実存する人を重要視すべき。

問題=対決=戦闘

最高の快楽と幸福とは何か?。

量と質の満足、どちらをとる?。

正解=決着=勝利

質が大事。

人にとって幸福は質こそが大事。

問題=対決=戦闘

自由は本当に必要か?。

自由か、それとも社会規制か?。

正解=決着=勝利

人は自由に生きるべき!。

本来、社会は自由で平等だった。

問題=対決=戦闘

人は「1+1=2」を生まれつき知っているのか?。

「経験」が先か「理性」が先か、哲学史上の大論争。

正解=決着=勝利

対立する二つの理論を総合・分析!。

「1+1=2」は、経験とともに作用する「感性」と、合理的「悟性」の共同作業によって生まれる「理論理性」の賜物。

問題=対決=戦闘

天国のような別の世界はあるのか?。

世界をめぐる一元論と二元論の戦い。

正解=決着=勝利

世界は一つ!。

世界の目的は個物に内在する「四原因説」で説明できるので一元論が正しい。

問題=対決=戦闘

神はいるのか、いないのか?。

説明できないものを説明する。

正解=決着=勝利

神などいない!。

唯物論的に神の存在は認められない。

問題=対決=戦闘

この世界に真理はあるのか?。

懐疑主義を乗り超えられるか?。

正解=決着=勝利

真理はある!。

無条件の人間の義務は存在し、普遍的真理である。

問題=対決=戦闘

何のために生きるのか?。

生きることとは何か?。

正解=決着=勝利

執着を捨て苦しみから解放されるため。

あらゆるものへの煩悩を絶つことで苦しみのない生き方が可能となる。

HQ(人間性知性指数)の法則

 前頭前野がもたらすヒトをヒトたらしめる意識や知性、知能、感情制御、社会性をもたらす機能の総称である。

 前頭連合野は脳のコントロールセンターとしての役割があり、自分の心をコントロールするとともに、相手の心を読む能力も司っているといわれています。

 人間性知性は、自分の感情を適切にコントロールして社会関係を上手に営み、さらに未来に向けて前向きに、幸福に生きていくための知性といえます。つまり、人間性知性こそが人間の中心にあるべきだという考え方で、幼少期に人間性知性をしっかりと教育することこそ重要だといわれています。

EQ(情動指数)の法則

自己認識力=自分の本当の気持ちを認識して大切にし、自分が納得できる決断を下せる能力。

自己統制力=衝動を抑え、ストレスの元となる感情を抑えることができる能力。

動機づけ=目標に向かって前向きに考え、努力を続けることができる能力。

共感能力=他人の気持ちを敏感に感じ取り、共感する能力。

社会的スキル=集団の中で他人と協調・協力できる能力。

心理学の法則

発達心理学認知心理学産業心理学=芸術心理学

児童心理学=教育心理学経済心理学音楽心理学

学習心理学=思考心理学=法律心理学=人格心理学

個人心理学の法則

勇気づけができる人。

尊敬と信頼で動機づける。

楽観的。

プラス思考。

目的志向。

大局を見る。

加点主義。

よい出しをする。

プロセスを重視する。

人格を重視する。

周囲との協力を重視。

聴き上手。

失敗を受容できる。

文学の法則

起=承=転=結

化学生命工学部の法則

 DNAやタンパク質の構造・機能に関する生命現象を学ぶことで、食品・化粧品・医薬品開発や基礎研究、植物の育種などへ応用できる能力を身につける。《生命科学コース》難治性疾患の解明、医薬品の開発など、人類の福祉に大きく貢献する生命科学を学修。《生物工学コース》遺伝子操作、食品・環境化学分析などの実験技術や、生物化学工学に関する技術を習得し、食品・環境・医療・医薬などの領域で活躍するために必要なバイオテクノロジーの技法を身につける。

生物学・生命科学科=数学・情報科学科=化学科=物理学科

生物工学科=情報工学科=建築学科=機械工学科

自然の法則

太陽=空気=陸地=海洋

プラズマ=気体=固体=液体

春=夏=秋=冬

火=風=地=水

東=南=西=北

季節の法則

3月=6月=9月=12月

4月=7月=10月=1月

5月=8月=11月=2月

時間の法則

6〜7=12〜13=18〜19=24〜1

8〜9=14〜15=20〜21=2〜3

10〜11=16〜17=22〜23=4〜5

年齢の法則

0~10=31~40=61~70=91~100

11~20=41~50=71~80=101~110

21~30=51~60=81~90=111~120

総合情報学部の法則

 1年次で幅広い分野の基礎知識と情報学のコアを学んだ後、2年次からは3つの系(メディア情報系、社会情報システム系、コンピューティング系)を指針に専門性の高い科目を履修。いずれかの系に所属するのではなく、自由に科目を選択し、系を複合させて学ぶことができ、学生一人ひとりが自分に合った学び方を実現できる。ハイビジョン放送に対応したスタジオや1200台以上のパソコンを備えたスタジオ棟など、充実した情報環境のもとで実践的なスキルを伸ばす。

総合科学科=人間科学科=教養学科=文化学科

総合の法則

知性=人情=意図

知識=感情=意志

コミュニケーションスキルの法則

書く技術=読む技術=話す技術=聴く技術

主張の技術=推論の技術=分析の技術=描写の技術

説得の技術=批判の技術=交渉の技術=発表の技術

説明の技術=思考の技術=討論の技術=論証の技術

6W3Hの法則

WHO=誰が=主体を問う

WHOM=誰に=相手を問う

WHEN=いつ=時期を問う

WHERE=どこで=場所を問う

WHAT=何を=内容を問う

WHY=なぜ=理由を問う

HOW=どのように=手段を問う

HOW-MANY=どのくらいの数で=量を問う

HOW-MUCH=いくらか=金額を問う

経済学部の法則

 市場、家計、企業の行動やその関連など「経済活動全体」に焦点をあて、諸問題の分析を行う。1~2年次で経済学の基礎をしっかりと学んだ上で、学生一人ひとりの興味によりきめ細かくこたえられるよう、2年次秋学期以降に7つの専修(経済理論、金融・会計、公共経済、歴史・社会、産業・企業経済、国際経済、統計・情報処理)に分かれる。

法学部の法則

 学生が中長期的なキャリア形成を見すえて、学問的な興味・関心・進路に基づき、自ら学びを選択するプロセスを重視。そのため学科やコースによる区別のないカリキュラムを編成し、科目選択の自由度を高める。基幹科目やガイダンス、履修モデルの提示など、情報提供や指導の機会を豊富に整え、さらに教育効果と学生の満足度を高めるため6つの科目群を履修指針として設置。

法曹三者の法則

裁判官=弁護士=検察官

三権分立の法則

司法=立法=行政

裁判所=国会=内閣

国民の義務の法則

勤労=教育=納税

裁判の法則

三審制

裁判所の法則

最高裁判所高等裁判所地方裁判所家庭裁判所簡易裁判所

政治的スタンスの法則

中道左派=最極左翼=中道右派=最極右翼

政治的スペクトルの法則

リベラル

立憲民主主義

国民主権

社会自由主義

脱原発

草の根民主主義

中道左派

政策の法則

統率=指導=統治=支配

政党の法則

立憲民主党

内閣総理大臣の法則

立憲民主党代表

新聞社の法則

毎日新聞大阪本社

テレビ局の法則

MBSテレビ

音楽学部の法則

 演奏コースに声楽、ピアノ、創作演奏、オルガン、管楽器、弦楽器、打楽器、古楽器の各専攻を、音楽文化創造コースに作曲、音楽学音楽療法、アートプロデュースの各専攻を設置。さらに、国際レベルの演奏家の育成を目指す特別演奏コースも開設している。国内外で活躍する教員スタッフが多数在籍し、専攻実技レッスンの担当教員を、学生が希望できるシステムを導入している。相愛オーケストラをはじめ、ウィンドオーケストラ、オペラ試演会など、発表の場が豊富である。

主要推薦図書一覧

発達がわかれば保育ができる!=川原佐公=ひかりのくに

慈悲の瞑想=アルボムッレ・スマナサーラ=サンガ

哲学バトル=畠山創=KADOKAWA

今月の目的=目標

読書をする=意識をする=決断をする=整理をする=コピーをする=記事の更新をする=URLの変更をする=保養をする=運動をする